2006年04月18日

今更だけど「シャナ」の総括とか

『逆さまの蝶』

『ダイヤの花』

『ナミダボシ』

『聖少女領域』

『緋色の空』

『夜明け生まれ来る少女』


というアニメシャワーコンボを遅ればせながら
メモリーウォークマン内で完成させたRio121です。
(…ってか全部終ってもうてるし)


シャナが終わってそこそこ時間が経ちましたが、今になって思うのが、
あのアニメにおけるOPとEDの持つ力って大きかったんだな〜って事です。
 

シャナって、結構雰囲気で楽しんでたところがあったんですが、
第一期のOPとEDがその空気つくりにかなり貢献してたと思います。雰囲気的にいいアニメって内容イマイチでも割りと見てしまうトコありますし。


そういやシャナの最終回感想と総括ってやってなかったっけ?

ん〜最後まで見終わってのシャナの作品に対する感想は、
何ていうか、部分部分で見れば凄い良く出来てるんだけど、
それらの配置や扱いが悪いから全体で見ればブサイクなアニメだったな〜って感じです。

設定の練りこみ具合とか、見てて訳わかんないくらいよく作られてるんだけど、
ホンマに最後まで訳わかんなかったし。
戦闘とかに関しても、もっとその設定を活かして、
見てる側を引き込めるように出来なかったのかな?
(例えば各自の特性や、逆に限定要素を使った駆け引き的なモノとか)

ただ羅列される意味不明ワードが目の前をひたすら通過していくだけって感じでしたし。
日常部分や恋愛部分はかなり面白かったんですが、
本筋の部分では一体何を楽しめばよかったんでしょうか?
でっかい謎です。


でもこのアニメ(というかシャナという作品)が素晴しいって思えたのは、
第11話での千草の恋愛感に対するシャナへの教授とアラストールとの会話。
あれ程レベルの高い恋愛感情の説明はそう滅多に聞けませんよ。



というわけで、「灼眼のシャナ」を見終わった私的な結論は、



千草さん、結婚してください



posted by Rio121 at 18:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文グル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
因果の交差路はコチラ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。