2006年04月24日

取り留めのない駄文

規制4.jpg

自主規制想定キャプを作り直して見ました。
天野先生、ゴメンなさい。

 
ども、古株ARIAファンにでっかい疑念を抱いてる
ARIAファン暦半年のRio121です。

え〜、おまいらに一言言いたい


グランマの教えを

忘れたか?貴様ら!
by晃さん(嘘


勿論皆が皆では無いのですが、まぁアニメに対して原作信者の口の悪いコト悪いコト…。
気持ちは分からんでも無いですが、アニメはアニメでの素晴しさを確実に持ってるので、
先ずその辺を見た上で批判した方が宜しいかと思います。

あとこれは他の作品にも言える事なんですが、
既読者と未読者の感覚の違いを考慮しながら発言した方が良いと思います。
(特にラノベ系は…)

少なくとも私はアニメのARIAの素晴しさに惹かれた結果、原作ファンにもなったクチですので、原作ファンになった今でもその辺は考えながら感想を書いて行こうと思ってます。


以上、私のちょっとした愚痴決意表明でした☆てへっ(*^ー゚)b ☆


あと、アニメを盛上げれば原作の普及にも貢献できるという事もお忘れなく。



そんな発言をした傍からなんですが、
私、致命的なミスをやらかしてしまいしました。

「ARIA The NATURAL」の放送にあわせて発売される、「月刊ウンディーネ」なんですが、まさか全刊の予約締切日が4月7日とは思わず、第一巻の「姫屋特集」しか予約してませんでした。
(「月刊ウンディーネ」は完全受注生産)

でっかいorzです。

たぶん中古とかだと結構な値が付くんでしょうね…。
(ARIAの限定商品は大抵定価の3倍以上の値が付く)



話は変わるんですが、大分前に”両手袋””ペア”では無く”ダブル”と記事に書いて指摘されたことがあったんですが、原作もルビがちょいちょい”ダブル”になってるので別に指摘されるほどの間違いではなかったような…(もちろん正式には「ペア」)。
まぁ別にどうでもいい話なんですが。


(この辺でウチのブログのいい加減さスタンスがわかっていただけるかと…)
posted by Rio121 at 19:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 駄文グル
この記事へのコメント
ども♪
☆Rio121殿☆
てへっ(*≧m≦*)♪
“師匠”で単語登録してましたので‥何かこっちの方が照れますゎf^_^;
ARIA関西地区9日遅れと言うハンデを埋めるべく‥私も他BLOG回ったりする事多くなりまして(^◇^;
そして偶然と言うか必然と言うか‥巡り会ってしまうのですね原作ファンの方々に―
『しにバラ』の時もそうだったんですが‥
そこまで言わなくてもなぁ―如何せん媒体が違うンだからもっと大人に!
思い入れが強い程言いたくなる気持ちも凄くわかります
―でもこういう言い方って原作派批判になるのかな?だったらゴメンナサイ(汗)
私はお互い作品を愛しているって共通点で認め合って下さればと単純なオツムで思うだけです。
って事で纏めてしま夫♪(o^-')b

☆昨日ARIAのDVD第4巻発売日でしたが
私は日帰り出張で遅くなり間に合わず
しかも家に帰るなり爆睡zzZ
まぁ予約済みなので無くなるって事
有りませんが
今日こそは大阪市内のクライアントやし寄って帰れる〜☆楽勝♪
‥と思いきや甘〜い尼勝った(-"-;)
先方書類不備発見!!〜チャラリ〜9時やん..orz
明日こそっ♪デモ2度有る事は3度有るってバッチャガ((;゚Д゚))‥
また来ます(*^∀^*)♪
(げっ長ッ)
Posted by め〜さん at 2006年04月25日 22:23
≫め〜さん
いえいえ、どうも「師匠」は恥ずかしかったので…、無理言ってすいません(^^;)

一部のARIA原作信者のアニメの貶し方はかなり酷いです。口の悪さでは「しにバラ」の時を上回ります。

私もARIAに関しては原作を読んでしまった分、確実に鮮度が落ちてるなぁって思う部分はあるので、気持ちは分からないでも無いんですが、それを自分が原作を知らないアニメで置き換えて考えてみれば簡単に分かりそうなことですよね。

あと媒体の違いと、原作の先入観が植えつけられてるということをもうちょっと理解した上で発言すべきなんですけどね。

原作と比較して「ここはこうした方がいいのでは?」ってのはOKだと思います(勿論自分の中にある先入観を理解した上で)。


DVD第4巻発売されたんですよね〜。
私はレンタル組なので今週末か来週あたりになりまふ。

今回は結構修正が入ってるみたいなので、ちょっと気合入れて視聴します。
Posted by Rio121@管理人 at 2006年04月26日 18:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16991164

この記事へのトラックバック
因果の交差路はコチラ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。