2006年04月29日

涼宮ハルヒの憂鬱 第4話『涼宮ハルヒの退屈』

ATN20038.JPG

見 え た ナ リ

もちろん話の筋のコトですよ?
 

ATN20027.JPG
ATN20043.JPG

あ〜、そんなことしたらまたに出るじゃねぇか

この前、このアニメのキャラ数名が夢に出たんですが・・・

到底ここで書ける内容では
ありませんでした


ここどころか、口が裂けても誰にも言えねぇ

セクロスだとか そんなチャチなモンじゃあ 断じてねぇ



ATN20005.JPG

なにやらハルヒの機嫌に世界の命運が懸かってるとのコトですが、
んな性も無いセカイ系聞いたこと無いぞ。

とりあえず野球くらいで世界が救われるのなら、そのくらい付き合ってやれ?な?




さて、急展開を超越したとってもFLY AWAYな展開をした今回のハルヒですが、
第1〜3話に仕込まれた情報&伏線で
あらかたの筋は原作未読の私でも付いていける内容だったと思います。

そこで今回は、
原作未読者による涼宮ハルヒの憂鬱推測会を簡単にやってみようと思います。
あくまで薄味な脳ミソの私の推測なのでツッコミは無しでおねがいします。
ってかツッコミ=ネタバレになってしまいますので…。


前回(3話)までの内容で散りばめられてた情報&伏線を上げると、

@長門が宇宙人(第3話ラスト)
Aみくるの怪しい行動&発言
Bハルヒについて
C第1話の映画内での違和感、そして一樹



@については、前回の最後で長門が宇宙人告白をしたんですが、これが今回の放送で本当のことだという事はわかりました(少なくとも普通の人間では無い)。


Aについて、先ずみくるが第3話で、励ますキョンに言った言葉、
「これがこの時間平面上での必然」という台詞。
これってとってもノエイン的なものの考え方ですよね?
ノエインといえば、時間軸の超越と、そして並行する時空(その時間に無数に存在する可能性の世界)の話でした(私の理解では)。
普通だったらあの流れでこんな台詞は出てくるはずがありません。

その辺から考えて、みくるは時間もしくはこの時空を超越した存在(たぶん未来人)って
強引ではありますが考えられなくもありません。
そして今回の放送でその確証は粗得られました。


Bハルヒの正体についてですが、ハルヒが世界の存続を揺るがす存在だという事は、
今回の放送を見るまでは分かりませんでした。
ただ第3話で気になったのが、最後の長門の宇宙人告白の時、

「涼宮ハルヒと私は普通の人間ではない」

といってたので、最初はハルヒも宇宙人?って思ったんですが、
そのあとの長門の台詞で、

「彼女と私はあなたの様な大多数の人間とは同じとは言えない。」

「この銀河を統括する(中略)ヒューマノイドインターフェイス、それが私。」


ここで、ハルヒと長門は普通の人間では無いとは言っていますが、
ハルヒが宇宙人であるとは言っていません。
(ハルヒも宇宙人って思ったのは私だけですかね?)
ただ、ハルヒが何か特別な存在という事はわかりました。


Cの映画についてですが、あのブッ飛んだ内容で細かい部分をスルーしてしまいそうですが、
実は結構「あれ?」って思う部分があったのでちょっと挙げて見ます。

A.第一発目のミクルビーム時のみくるの目の色と、
  何故かあの部分で起きたカメラトラブル。
  そして長門の行動。
B.倒れたミクルを布団に寝かした後、侵入してきたユキとイツキの会話。
  何故かここのイツキは明らかに台詞棒読みでは無かった。
  そして妙に気になる(というか意味不明)な二人の会話。
C.最後の戦闘シーンでイツキがポテンシャルパワーを発動させた時の、
  妙に凝ったエフェクト。
D.しゃべる猫。


おそらくですが、この3つに関しては超監督の意図とは別の何かが働いていると思われます。


ちっと話は戻りまして、@〜Aの推測が正しいとすると、

 長門由希=宇宙人
 朝比奈みくる=未来人


となりますが、これって何かに当てはまりませんか?
そう第一話のあのdデモ映画の配役です。
あの映画の役柄では

 朝比奈ミクル=未来から来た戦うウエイトレス
 長門ユキ=エイリアン魔術師
 古泉イツキ=超能力者


映画で感じた違和感を含め、ここまでくると古泉一樹=超能力者というのも
そこまで強引な推測ではないと思います。
それに今回の放送で一樹も只者では無いということくらいはわかりましたし。
あと、映画のイツキのエフェクトもおそらく編集されたものとは別の”何か”だと思いますし。

となると、

 長門由希=宇宙人
 朝比奈みくる=未来人
 古泉一樹=超能力者


これってまたまた何かに該当しませんか?
そう、第2話でのハルヒの自己紹介での台詞

「ただの人間には興味ありません。
 この中に宇宙人未来人・異世界人・超能力者がいたら
 私のところに来なさい!」


ハルヒの求める存在4つのうちの3つを充たしてる訳です。
(強引ではありますが)ここまでくれば異世界人がいてもいてもいいのではと思ってしまいます。

でも残りのSOS団の正式部員はハルヒとキョンだけ。
流石にキョンはどうみても普通の人間ですし、ここでハルヒを該当させるのちょっとキツイかな〜って思います。
(自分で求めといて、結局自分がそうだったというのも面白いですが)

じゃぁ居ないのでは?って感じですが、1人だけ怪しいのが残ってます。
それは映画でつい喋ってしまったあのです。
明らかにあの猫は普通の猫ではなさそうですし
、喋るという時点で異世界人(人?)であるくらいの資格はありそうです。

それに今回の放送で、第3話と今回の「退屈」の間にハルヒとキョンは
「どこか別の世界」に行ってしまったようですし、
異世界人の登場はありえない話ではなさそうです。


あと、映画で見せた一樹と長門の不可解な会話といい、
今回の「利害が一致しますから」という台詞といい、
長門と一樹の間には、共通の目的(たぶんハルヒ)がありつつ、
何かしらの対立関係も存在しそうです(手段の違いや最終的な目的の違いあたり?)。


今回の「退屈」で部分的な伏線回収と、新たな伏線を張ったわけですが、
今後、この推測がどこまで当たってるのか楽しみです。



しかし今回、胸張ってこんな推測会をやってしまいましたが、
原作既読者にとってはメチャクチャ滑稽に映るんでしょうね〜。
いいんです。私なりに楽しんでますから。


【追記】
しっかし改めて見ると、道筋立てて文章書くの下手だな〜。
posted by Rio121 at 01:53 | Comment(2) | TrackBack(4) | アニメ
この記事へのコメント
さすが☆Rio殿☆
素晴らしい洞察力!
大体そんな感じじゃないでしょうか?
‥といっても数年前にほんの*偶然2冊だけ原作読んだだけの私では何の断言も出来ないですがネ(汗)
全巻読んだ人にしたら
コイツら何勝手な事を〜なんて声聞こえてきそうですな(笑)♪

↓連勤ですかぁ!!
私もGW関係ない組ですが
日曜だけは休みですゎ♪
‥幸せって思わなきゃ☆
*Rio殿のところも三日振り‥
自分のBLOGも二日放置してしまいました‥
日曜休んでまた仕事‥orz...でもここにも連勤術士がいるぞ〜♪
まぁサービス業はねぇ…
―私達も一種のサービス業だと思いますのでf^_^;

頑張って下され♪み〜とぅ♪
明日は予定なし
ただ眠ります‥お先にゴメン♪♪♪
Posted by め〜さん at 2006年04月29日 23:30
≫め〜さん
あくまで未読者の勝手な推測なので、その辺はご愛嬌ということで(^^;)

め〜さんも黄金連勤ですか〜。
お互い辛いですねェ(;´Д`)

もう世間の連中氏ね!とかは決して思ってませんよ?

旅行先で現地の水に当たって腹下して寝込め!とか、
渋滞に嵌って余計にストレス溜めろ!とか、
GWで財布の紐緩めすぎて今月の生活費使い切れ!とか
決して思ってませんよ?


すいません、上記の項目は全て本心です(汗)
休めない分お金使わなくていいし、その分稼ぐからいいッス!
Posted by Rio121@管理人 at 2006年05月01日 07:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

涼宮ハルヒの退屈
Excerpt: 涼宮ハルヒの退屈
Weblog: 本の紹介ページ
Tracked: 2006-04-29 08:14

涼宮ハルヒの憂鬱 第4話「涼宮ハルヒの退屈」
Excerpt: やっぱり京アニだけはガチ!! TVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』オープニングテーマ 冒険でしょでしょ?ランティス平野綾(アーティスト)畑亜貴(その他)藤田淳平(Adapter)安藤高弘(Adap
Weblog: 電撃JAP
Tracked: 2006-04-29 21:16

涼宮ハルヒの憂鬱 第4話 「涼宮ハルヒの退屈」
Excerpt: ズバリ言おう! やはり「涼宮ハルヒの憂鬱」は面白い! ただし、原作を1冊でも読まないと訳がわからん、っと言うか読んでる人間でも混乱させるのがアニメ版の醍醐味でしょう(笑)
Weblog: A-MIX
Tracked: 2006-04-30 10:38

レビュー・評価:涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ)/第4話 涼宮ハルヒの退屈
Excerpt: 品質評価 30 / 萌え評価 43 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 13 / シリアス評価 13 / お色気評価 12 / 総合評価 19<br>レビュー数 201 件 <br> <br> 第4話 涼宮ハルヒの退屈 につい..
Weblog: ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン
Tracked: 2007-10-10 21:47
因果の交差路はコチラ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。