2006年05月25日

5/25・・・メテオ!!!

 
天誅殺

という言葉が実際のものなら、私にとって昨日は間違いなく天誅殺でした。

天誅@DVDが…

うっかりレンタル延滞
まぁこれは仕方ないですし、被害は300円程度。
でもテンションの下がり具合はプライスレス。


天誅Aバイクが…

え〜、昨日うちのバイクのエンジンがあぼ〜ん。

修理費用およそ10〜20万円

いっそローン組んで買い換えようか…。


天誅BHDRが…

HDRが起動しねぇ!

寝てる間に一瞬だけ停電があったらしく、
それが直接の原因か分かりませんが、うんともすんとも言わない…。
コレにより、「いぬかみっ!」の録画失敗。「Fate」は「.hack」を犠牲にして何とか録画成功。

しかし、もしこのまま動かなかったら

今まで録画したARIAやハルヒはどうなるんだ!?

HDR自体が壊れたという事よりこっちの方が数十倍キツイです。
いま必死で原因究明中。最悪ハードディスクがクラッシュしてなければHDDだけ取り出してパソコンでどうにかできるとは思いますが。


そんなダウナーな不機嫌オーラを抱きつつ、以下超グダグダな感想逝ってみます。


 

ARIA The NATURAL

ケットシー第二弾!
出来ればこの「猫の集会」をカーニバルより先にやって欲しかったんですが、まぁそれは作中の季節がありますし、それに思ったより違和感も無かったので結果オーライ。

私的にケットシーは「ARIA」の中で割と重要な存在だと思ってます。

特に本筋を左右するような存在では無いんですが、
ケトシーと灯里の関係って、「灯里とアクアの関係」って感じがするんですよ。
話がかなり飛躍しちゃいますが「灯里はアクアという星に認められて、受け入れられた存在」みたいなのがケットシーとの間にあるような印象があるんです。それが灯里と世界を繋げ、そして灯里という視点を通して見る私達により「ARIA」の世界を伝える要素の一つになってるかな?って思ってみたり(自分で何言ってんのかよくわからん)。


そんなちょっとだけ恥ずかしい個人的ARIA論はさて置き、
今回は第二期で感じてた不満ポイントが解消されてて、
久々にARIAワールドにどっぷり浸ることが出来ました。

何に不満を感じてたかというと”テンポ感”です。

NATURALではANIMATION以上に"まったり"を誇張しすぎてる感じがしてたんですね。
まったりと緩やかな流れも確かにアニメARIAの大きな特徴であり、他作品では中々出せない持ち味なんですが、2クールある余裕からか、意図的になのか、この"まったり"を全体的に押しすぎてるんです。第一期であったような転調的要素・アクセント的要素がかなり欠けてて、結果として間延びしすぎてる気がします。

いくらヒーリングアニメといっても、ただゆる〜りやってるだけだと、見てる側もダレるし、肝心な部分を活かすことが出来ません。

第一期の総括の時に書いたことなんですが、

「ARIAは"空気系”では無く、"空気を伝えるのが上手い"作品」だと思ってます。

見る側に作品の空気を伝えられるから、その世界に深く浸れる。
だからこそ作品の中にあるものが心により深く響いてくる。

それが第一期で私が感じたARIAの最大の魅力です。

第二期では、演出面でその辺の工夫が足りず、空気系に流れてた感があったので、ずっと物足りなさをどこかに抱えながら見てました。いえ、別段すごい事を要求してるのではなく、ちょっとセリフやカットなどのタイミングを工夫するだけでかなり変わってくると思います。

今回はその辺がよく出来てて、久々に満足のつくりでした。
(多分監督自らがコンテをしてたからかと思いますが)


第二期は回を増すごとに内容も確実に良くなってきてるので、
このまま第一期を上回るような作品を期待してます!


そういえば今季も回によって割りとキャラデザが変わってる感じがしますが、
それは仕様だと思ってグランマ流に楽しんでください(笑



次回はボロッコですか・・・

ついに殺意を感じながらARIAを見る時が(笑

何に殺意を感じるのかは次回のお楽しみって事でw



涼宮ハルヒの憂鬱

ん〜、今回初めてイマイチと感じてしまった…。



キョン分が圧倒的に足りない

ハルヒの面白さはやっぱりキョンが握ってるってのをかなり痛感しました。
ハルヒの面白さは、クオリティの高さと異常なまでの細かい演出もあるんですが、
やっぱり最終的な面白さを決めるのはキョンですね。
(ちゅか9割方コレ)

今回は本筋よりも全体に見られる違和感の方が重要かもしれません。
大抵の場合、「ハルヒ」は各エピソードに伏線ないしは伏線回収の要素が含まれてますから、今回ちりばめられたその伏線と思しき違和感が今後どれだけ絡んでくるかということに注目ということで。

あ〜ちなみに今回何に伏線らしきものを感じたかというと、

@ハルヒ
A長門
B

ちゅか一樹もあんな目でキョンのホクロ毛見つめんでも…
まさかアレが一樹のいう「鍵」とか(笑)

あと前からちょいちょい思わせぶりな描写のある長門と一樹の関係も気になるなぁ。


そういえばこの記事で意外にもキョンの語りを邪魔だと思ってる人がいるのにちょっと驚いたんですが…

正直いっちゃうと、

もしハルヒにキョンの独白がなかったら

全 然 面 白 く な い

キョンがダメならハルヒを楽しむのは完全に無理かと…。




なんかもっと書きたいことは山ほどあるんですが、あまりのテンションの低さに文章として起こす気力がない…。そしてこのグダグダな文章を手直しする気力もわかない…。

マジで正月と盆とクリスマスと各種国民の祝日をまとめてひっくり返したような気分です。


あ〜、もういつ隕石落ちてもいいや(コラ
 
posted by Rio121 at 08:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | ARIA
この記事へのコメント
2chで散々騒がれてたのに全然落ちてきませんね〜(´・ω・`)

いぬかみっ!の録画失敗はハルマゲドン並の衝撃ですな……。


Posted by ティケット at 2006年05月25日 21:02
≫ティケットさん
とりあえず隕石対策でタイヤのチューブは用意してたんですが(ネタ古すぎ)

画質気にせず視聴するだけなら、ネットでどうにでもなるんですが、ARIAとハルヒを損失したのはあまりに痛すぎます…。

ホントが嘘に変わる世界ならどんなに幸せか(え
Posted by Rio121@管理人 at 2006年05月26日 00:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
因果の交差路はコチラ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。