2006年05月26日

END OF DAYS〜不発〜(駄文とか新番組のコトとか)

ども、バイト収入生活費完全自腹だけど、年間60〜70万円貯蓄可能なRio121です。

その貯蓄の全ては学費に消えてる訳ですが…。

別にそんな収入があるわけじゃなくって、一概にいままで蓄えてきた節約ノウハウの賜ですね。
食費と娯楽費の節約が主で、特に食費の削減は自分でも匠の域に達してると思います。


食費削減の基本はやっぱり自炊とスーパーの活用です。
「スーパー各店の特色」、「割引時間」、「各種商品の底値」
自分の行動範囲内にあるスーパー全てでこの3つを把握するのがまず基本。


あとは月々の計画。
流石に家計簿つけるのはしんどいので、まず一ヶ月に使う食費を決めて、日割計算する。
食品を買うときには必ずその金額以内で1日あたりの食費をやりくりする。
そうしたら余り分は自ずと貯蓄に代わっていくわけです。
もちろん1日の食費が規定金額で収まらない日もあるので、
その時は前後3日くらいの食費で調整する。

これで年間にしたらかなりの貯金ができると思います。

ただ気をつけないといけないのが、節約をやりすぎると、
今度は「貧乏症」という病気にかかるのでご注意を(笑)

染み付いたらホントに抜けないんですよね〜(汗)


しかし20代で「明日食べる飯の心配」をしたことがある人って本当に極わずかでしょうね〜。
人生の中で1年間くらいは買ってでもドン底生活はしとくべきだと思います。
ものの見方が大きく変わりますから。

あまりドン底期間が長いと、段々抜けられなくなるのでご注意をw
(例えば私みたいに…)

さて、珍しく前フリと本文が一致したコトに感心しつつ、
駄文はこの辺にして、ぼちぼち出てきた来期の新番組についてでも…
コヨーテ ラグタイムショー

久々のユーフォーテーブル制作にして、初の完全オリジナル作品!
今のとこ一番期待してるのはこれですかね。
ユーフォーテーブル=金月脚本のイメージがどうしてもあるから、
公開されたハードボイルド路線の映像はかなり意外な感じ。
内容については、ちょっと予想っていうか想像がつきにくいです。

ユーフォーテーブルは作品制作に対して本当に命掛けてますよね〜。
「フタコイ」の時とかHPの制作日記見てたらマジで
「死人でるんちゃうか?」って心配した記憶が(笑)


来期はこれ以外に完全オリジナルってあるのかな?
相変わらずゲームかノベル原作が多いみたいやけど。
それもいいんですが、どれだけアニメとしてを第一に作ってくれるかが問題。
「フタコイ」くらい元ネタ崩壊してくれたら気持ちいいんですけどね。
あれを作ったユーフォーテーブルも凄いんですが、
それをOKしたスタチャもなかなか粋ですよね(笑)

原作崩壊といえば「ぱにぽに」がありますが、かなり賛否ありましたね。
原作読んだんですが、あれはあれで正解だったと思います。
もし「ぱにぽに」を原作に忠実に作ってたら、
場合によっては「ぷぎゅる」より酷い内容になってたかも…。原作って、
何ていうか、一連の流れが作者の脳内だけで処理されてるって感じがするんですよ。
巻を増すごとにかなり改善はされてるんですが、
1・2巻あたりはとにかくツッコミとリアクションの選択が滅茶苦茶。
あと「え?これボケやったん?」て言う微妙な部分も…。

エピソードチョイスも難しそうだし、アニメのあのやり方は正解だと思います。

あ、ぱにぽにはアニメも原作も好きですよ?(←一応フォロー(逃げ) )


「TOKYO TRIBE 2」

マジで待ってました!私の好きな監督ベスト5に入る佐藤竜雄さんの超久々監督作品!

…んだけど内容をみると、なんか「佐藤監督でいいの?これ?」
って感じの作品。

佐藤監督の真骨頂は「学園戦記ムリョウ」だと思う私的には複雑…。
まぁ一筋縄で終わる様な作品にはならないと思いますが。

あ〜ムリョウ再放送してくれないかな〜ぁ。

(え〜どうやらこの「TOKYO TRIBE 2」なんですが、秋からの放送みたいです。失礼w)


つよきす

は〜ぃ!皆さんの大好きなトライネットですョ〜(笑)
原作は知らないけど、エロゲみたい。
(名前だけは凄い良く聞く謎)

ただ注目なのは監督が木村真一郎さん!
木村監督は「アニメとして」をかなり考えて作ってる印象があるので、結構楽しみにしてます。


「貧乏姉妹物語」


タイトルだけで視聴決定

。・゚・(ノД`)・゚・。
 





そういえば今月のガンガンWINGで「まほらば」がついに最終回…。
コミックで読んでるので最終話を見るのは7月末なんですが、気になる…。

そして最後の砦(まほらば)を失ったガンガンWINGの今後も気になる(ォィ
posted by Rio121 at 22:10 | Comment(8) | TrackBack(0) | アニメ
この記事へのコメント
初めまして、同じく関西組&遅筆でアニオタな〆サバと言いますw

>>貧乏症
確かに節約しすぎると危ないですよね(経験アリ)
一度倹約してしまったら高い買い物を躊躇しがちになったり・・・。

>>「つよすき」
「つよきす」の間違いでは?
それだとヒロイン全員「強スギ」と解釈しちゃいます(笑)

>>「貧乏姉妹物語」
「リンかけ」の後番だったら関西で観れない可能性大の悪寒・・・。
朝日放送はいつになったらその枠も放送してくれるんだろうか(泣)

最後に、相互リンクしてもらっても宜しいですか?(身勝手な)
お返事お待ちしております。
Posted by 〆サバ at 2006年05月27日 02:36
≫〆サバさん

こちらこそはじめまして!
当ブログにお越し頂きありがとうございます。

「つよきす」でしたか!?
いや、ご指摘ありがとうございます^^;
このゲームの存在を知ってから今の今まで「つよすき」って完全に思い込んでました(汗)
ちなみに私は「強すぎぃぃぃぃっ♪」と解釈してました。
何が"強すぎ"かは察していただければ幸いです(笑)


>一度倹約してしまったら高い買い物を躊躇しがちになったり
そうなんですよね〜(汗)
あと買い物の時、ほんの数十〜百円差で異常に悩んだり…。

>「リンかけ」の後番
ん〜、今までソルティみたいに肝心な番組が見れなか例もありましたしね〜。
でも朝日放送が深夜アニメを放送してくれるようになったのって1年くらい前からで、
それまではほぼ皆無な状態でしたから、かなり良くなって来てますよ。
でもやっぱりここまで来たら残りの一枠も頑張ってもらいたいですね。
金曜深夜のフリーチャンネル枠(スポンサーの存在しない枠)あたりで。


あと相互リンクなんですが、
こんなマイナーブログで宜しければ、ばっちこーいです!

今後とも宜しくお願いします。
Posted by Rio121@管理人 at 2006年05月27日 07:41
つよきすがアニメ化ですか〜。

つよきすは女の子がみんなツンデレな事で有名です。

別にツンデレが好きなわけじゃないからね!(ツン)


実際にいるツンデレをどう思うか、よく議論されますが……

やっぱツンデレは二次元限定ですかねぇ〜。
Posted by ティケット at 2006年05月27日 17:49
まほらばの最終回は大分唐突で、最終回予告みた時は驚きました。大丈夫ですかね、ガンガンWING。ガンガンからハガレン消したり、コミックブレイドからエレメンタルジェレイドとARIA無くすようなもんじゃないでしょうか…
Posted by ハマー at 2006年05月27日 19:59
「貧乏姉妹物語」ってタイトル良いですね(笑)。ニアアンダー7思い出しました。貧乏生活が出てくるアニメってすきかも。GS美神の横島くんとか^^;

「コヨーテ ラグタイムショー」はまったく初めて聞いた名前ですが、ユーフォーテーブルとなると期待ふくらんじゃいますね〜。

今期良作多かったぶん、来期のアニメも楽しみっす^^
Posted by まつ at 2006年05月27日 22:36
≫ティケットさん
「つよきす」は名前だけで内容は全くしらないんですが、ツンデレモノですか〜。

リアルツンデレ、それは間違いなく”性格ブス”ですね(笑)

実際にツンデレ属性の女がいたとしても、おそらく一生”デレ”を覚醒しないまま終わる可能性大。
今まで出合った中でツンデレに該当しそうな人を思い出してみたんですが、え〜、全員嫌われ者でした(^^;)

【結論】
ツンデレの有効性発揮できるのは二次元のみ!
Posted by Rio121@管理人 at 2006年05月28日 08:31
≫ハマーさん
「まほらば」は確実に〆の準備をしてるって感じはしてたんですが、予想以上に早くて驚きましたよ。

多分小島先生の中では春をラストに持ってくるって構想があったんでしょうね。

ガンガンWINGも新人発掘に意欲的で頑張ってる感じはしたんですが、やっぱり「まほらば」の代わりになるような看板作品を持つまでには至ってない感じなので、かなり心配です(汗)
(辛うじて話題の「ひぐらし」くらい?)
「ハガレン」に依存してるガンガンも結構危ないんですけど…。

「まほらば」が終わっても小島先生にはまた新しい作品をやってもらいたいですね!
Posted by Rio121@管理人 at 2006年05月28日 08:41
≫まつさん
「コヨーテ」が今のところ制作サイドで一番注目してます。
放送局が心配だったんですが、U局での放送で、ウチのところでは見れるみたいなので一安心^^

横島くんナツカシスwww
最近では「陰マモ」のホタルとかもかなりヒットでした。
健気に慎ましい暮らしをしてるキャラにはどうしても感情移入してしまいます(笑)

「ニアアンダー7」は見たことないんです(汗)
そのころはwowow見れなかったので^^;
調べてみたら「灰羽」のスタッフがかなり携わってるんですね。
ちょっと面白そうかも?
Posted by Rio121@管理人 at 2006年05月28日 08:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18412750

この記事へのトラックバック
因果の交差路はコチラ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。