2006年05月28日

GUN道第3話・絶賛配信中!タクアン?タクワン?

  
ATN60125.JPG(ホスト部)

なんだかね〜ぇ

BONESはとても素晴しい制作スタジオなんですが、
こういう時に2次利用できる様な作品が無いコトに若干の不憫さを感じてしまいます(汗)

でもこういう心意気や遊び心は大好きですョw

一発モノと思ったれんげが何かいい感ででてきてますよね〜
キャラ立ちもポジションも中々。

 

ども、枯れた涙の静寂で歌い続けるRio121です。

昨日学校帰りの電車の中で、過労とストレスからか、
無意味に唸ったり動き回ったり足をバタバタさせてる中年サラリーマンを見て、


donmai.jpg

…と心の中で囁いてみたり。

そんな体と精神をすり減らしながら真剣に頑張る人を見て

「辞メチマイナ」

と思う私は意外と今時の若者です(悪い意味で)。


さて、先週私の身に降りかかった度重なるディープインパクトの数々、
そして実は今週は休みが無いというスーパーリアルに気付いたり…
そんなダウナーでメランコリな気分から逃げるように
2次元とネットワールドにさらに没頭しつつある私。


昨日の「xxxHOLiC」の主婦は正に私の未来予想図


このままじゃアカンと思い、「ここはより強い感動を自分に与え、心の新陳代謝を促そう」と思い立ち、
近所のレンタルショップで「蒼穹のファフナーRIGHT OF LEFT」(以下・ROL)を借りてきました。
(結局2次元)

ここで実は「フルメタルパニックTSR・OVA〜わりと暇な戦隊長の一日」を借りてテッサ(*´Д`)ハァハァしたり、「今日の5の2」小学生( *´Д`)ハァハァして気分を紛らわそうとしたりしたかったけど、レンタル中で仕方ないくファフナーを借りたという事実があったかどうかは定かではありません。


さて、既に何度も見てる筈のこの「ROL」を久々に見た感想ですが、


ぼ ろ 泣 き

。・゚・(ノД`)・゚・。


いや〜、この作品だけは理屈抜きで何度見ても泣けますわ〜。

人間が一度に流せる涙の量には限度があるらしいのですが、
この「ROL」は人生で多分初めてその”限界”をみた作品です。
後半にAgelaの挿入歌がかかるトコ辺りからラストまで泣きっぱなし!
あの犬のトコではもう出る涙も残ってなかったり…。

そして本編第1話で出撃する事も大して話題にされることも無く消えていった
悲運のメガネッ子に涙

今度外伝を作るのであればあのメガネちゃん(果林)をメインに…。
posted by Rio121 at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 駄文グル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
因果の交差路はコチラ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。