2006年08月20日

ブログ回顧録@ 発足編【05年第3クール】

  
気付けば丸々1年ブログをやってきたんですが、
今月一杯で終了なわけで、この辺でかる〜く自分のブログを振り返ってみようと思いまふ。

  
 
【05年第3クール】


8月に携帯&PC用ブログ”DUO BLOG”に
初代『いまはむかしな物語』を立ち上げる。

ちなみにこのブログタイトルの由来は
「割と古いネタも扱うよ?」という当初の予定から思いついたタイトル。
しかし結局は現在進行形のネタで精一杯で今更なネタは殆ど扱いませんでした(汗)
そこで「関西組な上に感想書くの遅いから」などと理由を捏造(お

あと私のHNである「Rio121」なんですが、
これは全く意味ありません。
強いて由来をあげるなら、「字面がいいから」
ちなみに”121”の部分は全体のバランスを取るためです。


この時はまだアニメだけでなく、
お笑いや音楽についても書こうと思ってました。

ですが、お笑いは感想を簡単に書こうとすると
「〜のボケでわらった」とか「〜のツッコミ最高」とかショボイ内容になるし、
技術論を書くととてもお笑いの感想とは思えない無機質な内容になるので早々に挫折。
あとこの頃はお笑いに興味をなくしかけてた頃でした。

音楽はというと、私自身全くミーハーではないですし、
音楽のレビューってかなりの言葉のボキャブラリーと表現力がいるため挫折…。

同時に音楽ライターの方の凄さに気付かされる。

バイクも一応は趣味ですが、
記事で書けるほど詳しくも無いのでこれも殆ど書いてません。


ってなわけで半ば状況にながされるまま、
割と書きやすくネタに事欠かないアニメ関連を中心のブログになりますた。


でもこの頃ってまだ「自分は感想が書けない人間」という事を自覚して無い時期で、
結構無理してマトモな感想書こうとしてたっけ?

今更なカミングアウトですが、私、感想ってモンを書けないんです(お

いや、読書感想文とかは得意でしたよ?
だってあんなモン嘘八百な妄言ならべてりゃそれなりに形になりますから(コラ

読書感想文ってのは「感想」であって「レビュー」ではありません。
要は内容から感じとったことを書けばいい訳で
究極的に考えればストーリーど外視でもOKなんですね。

特に私の場合、学生時代あった読書感想文に指定図書はなかったので
適当な本のタイトルからひたすら適当な連想をして適当な嘘並べてそれっぽいものを書いてました。
ネタがなくなれば本の中の適当な文を拾い上げ、
さらに適当な感想を書き上げる。

そう、私にとって読書感想文は「感想文」ではなく「妄想文」でした(お


話は大きく脱線しましたが、
アニメとかこういう感想の場合はそんな嘘御託並べるわけには行かないので
この頃は無理して必死こいて感想かいてたな〜ぁ。

特に『絶対少年』とかはマジで死んでました(汗)


あと当時のDUOBLOGの記事投稿エディタには、フォント関係のタグが一切無く、
全て手打ちでタグを入力してました…。

よくまぁあんな悪環境でやってたわ。

でもその時使ってた辞書登録してるタグ一式は今でも役に立ってます。
実はSeesaaって割とエディタがショボ(ry

ちゅかなんでPCユーザーの癖にそんな中途半端なサーバーで立ち上げたかというと、
思いつき以外のなんでもなかったり…
当時はサーバーのコトなんてサッパリわかんなかったので
たまたまauのチラシに載ってたDUOで気まぐれに立ち上げてみたって感じですw

しっかしDUOで始めた当時、めちゃくちゃ困惑したのが「クロス式レス」
PCブログならコメントのお返事は書き込んでくれた自分の記事の米欄に書くのが常識ですが、
DUOのコメント返しって相手のブログの米欄に返すんですね。

まぁウチは徹底して自分の米欄で返事返してましたが。

何故にこの「クロス式」が普及したかを推測すると、
DUOは携帯ユーザーが殆どなので、
通常のブログがどうとか知らずに始めた人が大半でしょうし、
それにメールの感覚で米のやり取りをしてる方が多いのも原因のひとつかと。

いや、これで何も問題ないなら別に気にしないんですが、
いるんですよね〜、ブログの米でチャット紛いのコトするのが…。
DUOの鯖が元々ショボイってのも相まって、
特に米が活発になる深夜帯は重すぎて使い物になりませんでした。

あと記事3行、米500件とか訳わかんない輩もよく見ました。
まぁ他人の自由といえばそれまでなんですが、
ブログでやる意味があるのかと言うと大きく疑問。


…なんかDUOの愚痴祭りになってしまったような(汗)

でもDUOで知り合って今でも仲良くしてくださってる方々がいるっていう点では
それもまた良かったのかなって思ってます。

そういえばDUOでアニキャプ使ってたのって後にも先にもウチくらいだったような…。




【この時期の印象的なアニメ】

■種運命
 ガノタでも無いくせに世間の流行に便乗。
 この頃のブログランキングは種関連で賑わってましたね〜。
 それらのブログさん、今なにしてるんだろ?(ォィ!
 この頃、種ネタに頼らずランク1位になってた【馬と戯れる少女逆転スリーラン】さんはスゴかった…。

 結論〜エロ妄想は偉大だ(え
 
■絶対少年
 ちょうど「田菜編」から「横浜編」に変わったころ。
 感想を書くにはSクラスの難易度。

■エウレカ
 鬱真っ盛り→『モーニンググローリー』で神の盛り返しを見せてたころ。
 一時期アツくなってたけど、毎週書くのキツくて早々断念。

■ぱにぽに
 感想で時間をかけた分が全く報われないブロガー泣かせの地獄アニメ(え
 小ネタ発掘全盛期。だけどwikiが出来て消光傾向。
 この頃はまだ小ネタがインフレ起こしてなくて楽しかった頃かな?
 
■創聖のアクエリオン
 極上の一発ネタアニメ。
 とりあえず毎週わらってますた。
 けどウチ的にはスルー。わしの脳ミソじゃ内容わからん。
 
■極上生徒会
 ウチではスルーしてたけど、これも盛り上がりましたね。
 最初の狂作画からの低人気が嘘のように急激に人気が加速したアニメ。

■タイドライン・ブルー
 「あのね商法」のさきがけ
 録画失敗しまくって結局見て無い…orz

■DCSS
 各種同盟発足で大盛り上がり!
 そしてエロモザイク妄想同盟の起源
 あ、アニメは見てません(え

■SHUFFLE!
 途中からR15に
 SHUFFLEについてはまた次回…。
 

【自分で書いた印象に残ってる記事】

『THE END OF EVANGELIONのラストについて』 

ずっと前から書いてみたかった記事。
あ、今見ると超絶恥ずかしいのでリンクは意地でも張りませんw

 
posted by Rio121 at 01:36 | Comment(4) | TrackBack(0) | 駄文グル
この記事へのコメント
一年なんですか!。
自分は、ブログとか書く側ではなく観る側だと自負してるんでやった事ありませんw
Posted by κ at 2006年08月21日 22:39
≫κさん
おかげさまでこんなアホな事を一年もやってるんですよ〜。
まぁ広大なネット世界の片隅に出来た
ニキビみたいなものだと思ってやってくださいw

完全に観てる側だった頃がちょっと懐かしいですね。
ブログを観る側から書く側へ移ったときの初々しい感覚は今でも忘れられませんね〜。
あのときは楽しかった(ォィ

ブログは最初の切っ掛けというか踏ん切りはいりますが、
いざ始めると楽しいですよ♪
Posted by Rio121@管理人 at 2006年08月22日 00:52
ひさしぶりにこっちのHNで書きますw

>この頃、種ネタに頼らずランク1位になってた【馬と戯れる少女逆転スリーラン】さんはスゴかった…。

そんな褒められると照れますwでも凄く嬉しいですw
自分で言うのもなんですけど、あの頃は我ながら勢いがあったなぁと思いますw
エロ妄想とかブログにかける情熱とか我ながら異常でしたね。
もう今の私には真似できませんw

こうして振り返るとほんと懐かしいですね〜
そうそう、ぱにぽにの小ネタ感想は異常に時間かかりましたね〜
6時間くらいかけて書いた事もありましたね。
ぱにぽにwikiができてからやる気なくなったのもおっしゃる通りw

極上生徒会はうち的に俺の嫁って言い合うのが盛り上がったので思い出深いですw

同盟発足の起源となったDCSSもほんと思い出深いですよw

>『THE END OF EVANGELIONのラストについて』
めっさ覚えてますよ〜。当時読ませてもらいました〜。

ああ、そういえばうちはブログを巡回するようになったのって自分がブログを始めてからなので、完全にブログを見る側の時期ってなかったですね〜。
Posted by jagi at 2006年08月22日 04:37
≫jagiさん
お久しぶりです(え
モザイクエロ妄想同盟・盟主さま!!
ハ、ハァ ハァァァーッ ハハァー!!!!! (コラ


同盟発足時の盛り上がりは見てる側としても凄い楽しんでましたし、
確実にアニメ感想ブログの一つの時代を築いてましたね。
その後のアニキャプブログに与えた影響もかなり大きかったと思います。

ぱにぽにのネタ拾いは本当に執念でしたね。
あと確か野球関係でjagiさんとお付き合いのあったアニメに関係無いおじさんが、
小ネタについてコメントしていたのとか覚えてます(笑

極上での「俺の嫁」流行りましたね〜。
もはや定番文句w


エヴァの記事読んでくれてたんですか!?
ぐわぁぁぁ恥ずかしぃぃッ!!
今書いたらまたちょっと違う意見になってると思いますが、
今の自分には絶対書けません(汗
まだそんな記事が書けた純朴だったあの頃の自分が懐かしい…(お


確か私がブログを見始めた切っ掛けは「フタコイ」の第1話に衝撃を受けて、
ググりまくってる内に読み始めたんですね。
jagiさんのブログを見始めたのも確かその時だったので、
ほぼ開設当初から見てました。

個人的に特に印象に残ってるのは、
なぜか普段全く扱わなかった種の感想をおもむろに書いた記事。

「よーし今日は気分がいいから種運命の感想書いてみるぞ!」

って言うのに大爆笑しましたw


あと、これは今だから言える話なんですが、
当時jagiさんから頂いたTB、
DUOにアダルティーなサイトと判断されたのか、
勝手に自動消去されてました(爆

ホントに申し訳なかったです(汗
 
Posted by Rio121@管理人 at 2006年08月22日 07:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22563543

この記事へのトラックバック
因果の交差路はコチラ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。