2006年08月23日

ブログ回顧録A 迷走編【05第4クール】

ブログ回顧録そのA、2005年の10〜12月あたりを振り返ります。
この頃はDUOとは別にPC用でヤプログにもう一つブログを立ち上げた頃です。

  
■ブログの選択を

DUOの機能ではPCユーザーとしてはかなり不便を感じてたので移転を検討。
携帯から見てくれてた人にも引き続き見てもらいたいということで、
比較的携帯での再現性が高いことからヤプログを選択。

んが、ヤプには文字制限と画像制限があり、
予想以上にこれに悩まされました。

ちなみに文字は本文2000文字、追記4000文字。画像は1記事5枚まで。
文字制限は当初から分かってたんですが、
画像制限はやり始めるまで知りませんでした…orz

最初はコレでもまぁ何とかなるかなって思ってたんですが、
この頃はARIAの感想でかなりアツくなってた時期なので、
何個も記事を分割するとか、画像もわざわざパノラマ作って貼ったりと、
余分な苦労の連続…。

し か も、 結局DUOの方はDUOの方で残してたので
あまりヤプを選んだ意味がありませんでしたorz

結局3ヶ月経たずに移転。

いや、ヤプはヤプでいいトコは結構ありましたよ?
自由度・機能的には全然大したことないんですが、
オリジナルのタグが凄く使いやすく、
しかも書いた記事が逐一投稿画面にプレビューされる機能とかは
凄まじく便利でした。
初心者でかる〜くブログをやってみたい人にはかなりオススメですw

しっかしこの頃はヤプの各種制限も作用して、
自分のブログスタイルが自分でもワケわかんなくなってた黒歴史な時期。


■アリア、襲来

この時期を語る上で絶対外せないのが、

「ARIA The ANIMATION」

もう急転直下!寝耳に水!青天の霹靂!!
2005年は「まほらば」以上にハマるアニメは出てこないだろうな〜って
思ってたんですが完全に超えました。

完全に中毒状態

癒し系アニメなのに
常時フルテンション視聴
(お

「まほらば」も「ARIA」と同じくらい愛した作品なんですが、
見事なまでに綺麗な終わり方で割とスっきりしたので、
後引いたという点でARIAの方が上だと思ってます。


『ARIA』に関しては時間があればじっくり語りたいのですが、
自分の中でのARIA各シリーズの評価は
「”ANIMATION”は名作、”NATURAL”は良作」とった感じです。

なぜそう感じてるのかというのも時間があれば…。


■カラナベインパクト

「あんたなんか(ry」

エロゲ原作アニメ「SHUFFLE!」19話で神エピソード誕生!
兎に角この19話は壮絶な内容で、
その強い衝撃に感動し泣きました!

多分あ大半の人はあのエピソードで楓の変貌ッぷリに恐怖したと思うんですが、
それに至るまでの流れ、描写、そして演出が素晴しく、
楓の痛みややりきれなさ、切なさが見事に伝わってきて
本当に強い感動を受けました。


ひ○らしはコレ見習った方がいいと思うよ(コラ
(あ、もちろんアニメの方の話なのであしあらず…)


この19話が与えた影響は結構デカかったみたいで、
この記事を書いただけで一時的にウチのアク数が5倍に…。

まぁこのエピソードは自分自身本当に強い衝撃を受けたんだなって思います。

アフォほどマジな記事書いてますから

冷静になれ!俺!ハーレム系エロゲアニメだぜ?


でも「SHUFFLE!」はエロゲ原作アニメベスト3に入れてもいい作品だと思ってるので
興味のある方は是非見てください!


■涙

年末特番『蒼穹のファフナーRight Of Left』オンエア

一年の煩悩払拭
2005年最後に超大泣き!


いや〜、この「蒼穹のファフナーRight Of Left」(以下ROL)はホントに泣きましたね〜。
中盤過ぎ、angelaの挿入歌がかかってtたトコあたりから、
ず〜〜〜〜っと最後まで泣いてました…

いや、最後には出る涙が残ってませんでした

ちなみに涙の量での2005年アニメ泣きエピソードベスト3は

 1位 まほらば25・26話(30分泣いてた)
 2位 ファフナーROL(20分以上泣いてた)
 3位 エウレカ26話『モーニンググローリー』(10分泣いてた)

ちゅか今まで泣けるアニメって1〜2年に一本くらいしかなかったんですが、
この年から急激に泣きアニメが増えてきた気がしますね〜。


話は変わりますが、自分にとってファフナーって
「途中から見たからこそ最後まで見れたアニメ」
なんです。
本放送のファフナーを見始めたのは7話(翔子自爆の次の回)から。
見てた人なら分かると思いますが、
鬱アニメ・ファフナーがその鬱を極めた回です

貴重なファフナーを自爆させた翔子に恨みを持った島民が
翔子の墓に無残な落書きをしたり、
育ての親からファフナーパイロットとしてしか見られて無い
甲洋の悲惨な家庭環境を描いてたりしたマジで救いようの無い回…。


そんな尋常じゃない鬱シーンをみて
ワクワクしてる自分がいた(お

「うぉーッ!なんか知らんがスゲーアニメやってるぞぉ!?」
って妙な期待感から即視聴決定!
そして最後まで満足の出来でした。

でも本編が終了して一時してからDVDで最初の方も見たんですが…


あっさりしすぎじゃね?おまいら?


正〜直な感想として、序盤マジで面白くないっていうか、
予想に反して一騎らが割りとあっさり状況を受け止めてるんですね。
しかも命がけで一騎にレールガンを渡して絶命した公蔵の描写になんの悲哀も感じられなかった…orz

もし最初から見てたら切ってたかも…。

どうでもいい話なんですが、
「途中から見た」ことが利として働いたちょっと珍しいパターンだったので
書いてみました。



【その他印象に残ってるアニメ】

■魔法少女リリカルなのはA's
 OPで鳥肌立ち過ぎて涙でた
 あのときのテンションの上がりぷリは尋常じゃなかったです(汗

■舞乙
 コレが本格的に感想を放棄してネタに走り始めた切っ掛けかな?
 例えばコレとか…。

■血+
 あ、やっぱり人間描写ってすごい大事なんだな〜ってコトに改めて気付かされたアニメ。
 
 1クール経たずに見切りましたが何か?

■シャナ
 第11話「悠二とシャナとキス」の千草の言葉は神!
 部分的には凄い面白くないけど、部分的には凄く面白かったアニメ。
 あとアニメオリジナルの第二話がかなりお気に入り。

■ラムネ

 汝、そのポンコツに涙せよ

  
 第1話の七海を擽るシーンはネ申。
 このアニメはマターリ具合が凄く良かった〜。



【印象に残ってる記事】
『ARIA The ANIMATION総括』

「お前どんだけハマッってんや?」って自分にツッコミたくなるくらいアツく語ってます(汗)

『SHUFFLE!第19話』
コレも異常なまでにアツくなって感想書いてる自分に今更ながら笑えてくる…。
あ、本当に感動に身を任せて書いてるので、
内容は2〜3_しか進んでないようなgdgd感想です(汗

でも19〜21話は今見ても名エピソードだわ。
 
この回で逆に楓にホレた私はマイノリティw


あ、ハズいのでまたリンクは貼りませんw
  
posted by Rio121 at 01:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 駄文グル
この記事へのコメント
舞乙の「コレ」から前のブログに行けるんで『ARIA The ANIMATION総括』と『SHUFFLE!第19話』見れますよww
Posted by κ at 2006年08月24日 13:33
≫κさん
まったくリンク貼らないのもなんですので、ちょっと仕込んでおきましたw
 
Posted by Rio121@管理人 at 2006年08月25日 00:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
因果の交差路はコチラ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。