2006年08月29日

ブログ回顧録B 暴走編【2006年第1クール】

 
え〜、今更っていうか、全く持ってミもフタも無い疑問なんですが・・・


ウチのブログって面白いんですか?(え


やってる当人は「楽しい」とは思ってっても「面白い」とは一切思ってはいないんですが…。
ちゅかこういうのって自分で「面白い」なんて思っちゃいけないことですし。

自分でもいうのもなんですが、
ウチのブログってどちらかというとかなりな方だと思ってたり。

あ、でもいいんです。
だって私、MUSASHISTですから

では2006年1〜3月あたりをプレイバック!
 
  

■1月にヤプログからSeesaaに移転。

移転候補としては他にライブドア・Goo・ジュゲム・FC2を考えてました。

ライブドアとGooは記事投稿エディタの性能は全サーバーの中でも最高で、
OUT LOOKでメール作成するのと同じ要領ででき、やり安いんですが、
ライブドアは画像を予めアップしないといけないのと
再構築時の画像がマジで嫌だったのでボツ。
(とくに私の場合、記事書きながら画像を選択するので)

Gooは自由度は少なく、多機能的ではないけど、
一つ一つがしっかりしてるのが特徴かな?あと軽いし。
だけど、追記を使う場合に概要文のとこにタグが使えないのでボツ。
追記をフル活用してる人間には致命的。

ジュゲムに一番移りたかったんですが、
ファイル容量が30Mと少ないので敢無くボツ。

そして残ったのがSeesaaとFC2。

最終的な動機はというと、
FC2は画像UPするときに名前入力しないといけないのが
ダルそうだったから…


その時の自分をSATSUGAIしたいね(コラ

今思えば素直にFC2にしとけばよかったってのが正直な感想。

いや、Seesaaもいうほどは悪くないんですがね。
Seesaaの特徴は自由度が高いんだけど機能的に不親切。

タグの知識が豊富で、カスタムしまくりたいって人にはいいんですが、
その気が無い人間にはつらいスね。
しかもテンプレが50種類くらいしかないし。

初心者には全くもってオススメできません。

そういえばまだ移転した頃のSeesaaって実はTB送り放題だったんですよ。

今は一回5件までの制限がかかってますが、
当時は上限の確認はしたこと無いんですが、
確認出来ただけで1回20件は送れてました。

まぁコチラからの積極的TBをスッパリやめたウチには全く蛇足だったんですが。

TBもある時期まではやりまくってたんですが、
段々TBに異常に時間を割くことにと、TBの意味に疑問を持ち出して、
こちらからのTBは基本的にはやめました。

アニメブログのTBって私なりの解釈では「アナタと同じテーマの記事書きました」ってのと
「アナタの記事を読みました」ってみたいな意味があると思うんですが、
そんな50〜100件もTB送ってそれらの記事全部に目を通すなんて
余程ヒマじゃないかぎりぶっちゃけ不可能ですよ。


まぁ50〜100件とかTB送ってるブログさんって
ぶっちゃけこなし作業で内容見てないと思いますし
(コラ

(;゚Д゚)<お前終るからってムダに敵作るな!

え〜TB送りまくってた過去の自分はそうでした(汗
え?そんな一緒にすんなって?
ゴメンなすいw
いや、出来る限り読もうと努力はしてたんですが、
何分3行以上の文章を読めない人間でして(え

あと数十件のTBをコチラに送ってもらって、
その中から、どのブログさんに自分はTBを送ったか送ってないかを
確認する作業が凄まじく地獄だったので(汗

でも別にTBを否定は全然してませんし、
いただける分には感謝してますので、どうか悪しからず…(←逃げ



【この頃印象に残ってるアニメ】

■かしまし

今になって過去の自分に疑問なんですが、
なんで私はこのアニメのネタ感想にあんなにムキになってたんでしょうか?

いや、凄いこのアニメを陵辱してやりたいって気持ちがなぜか湧いてはいましたが…(お

一応最初の頃はこのアニメでもマトモな感想も書いてたんですよ?
ですが、回を増すにつれ、段々このアニメを見てるとき、
笑うシーンでもないのになぜか大爆笑しながら見てる自分が。
もうラスト辺りでは腹よじれそうでした…。

いや、このアニメ、多分視聴者の視点がはずむじゃなくて、
とまりかやす菜視点だったら多分最後まで普通に見れたんですが、
何分終始はずむ贔屓の視点でしたからね〜。


感情移入できるかっての

(はずむ好きの方ホントにごめんなさい…)

え〜、「”かしまし”は名作!」って思ってる方はウチの記事は絶対見ない事を強く推奨します。
多分すごい不快な思いをすると思われるので…。


■ローゼンメイデン・トロイメント

私は最終話大絶賛派ですが何か問題でも?

いや〜最終話ボロ泣き!


超不作だった06年第1クールで、最も輝いてた番組。

あと関西は5週遅れで、ここ最近で最もネタバレ回避に苦労して
関東組に尋常じゃない敵意を抱いた番組。

ホントに見出しにオチ書くヤツらマジブッコロ(コラ

しかし最終話に関してはなんであそこまで賛否分かれたんでしょうか?
(っても2/3以上はは否定派っぽいですが)
ホメる人はトコトン誉めるし、けなす人はトコトンけなす。

私は最終話の真紅たちの神がかった表情に兎に角感動しました。
私の場合は基本的に人物の描き方が素晴しければ
ストーリーなんて割とどうでもよかったりしますから。
でもオチにしろ、〆方にしてもアレはアレで私は大好きなんですけどね。


あとは、前代未聞の妙に尿意が近いヒロインが出る「陰からマモル」とか、
ガチだガチだと騒がれていた「よみ空」とか。
「よみ空」は途中シナリオが微妙なときがあったけど、
テーマ性抜きにしても凄い良質なアニメでした。

この頃の関西は土曜が最も激戦区でしたね。


あ〜、何で蟲師切っちゃったんだろ?


あと時期的には微妙だけど、「しにがみのバラッド。」もハマりました。
このアニメってどうも「命の重さを伝えたい」というキャッチコピーに
ミスリードされた人が多そう。
地味アニメスキーな方に是非オススメします。


どうでもいいけど、この企画、妙に毒が多いには気のせい?

  
posted by Rio121 at 20:39 | Comment(4) | TrackBack(0) | 駄文グル
この記事へのコメント
十二分、面白いし楽しいですよ。
今まで見てきたブログは大体2〜4日のペースで更新していたのに、ここは早い!!。更に面白い!!。
ROMってるだけでは失礼なのでコメント書いているという分けです。
一体どういう経路でここに来たかは忘れましたが、来て良かったと思ってます
Posted by κ at 2006年08月30日 12:48
☆ぁぁ夏終わた‥試験終わた‥10ン年の気儘な1人暮らしも終わる自称心の友(〃▽〃)め〜です♪
☆Rio様どもお久です♪
(18日ぶり‥8/12:DUOが超不具合事故で大変な頃に米入れてましたが
多少事情も変わってしまっていますので、探さんで下されー)
〜実はPCに移転する予定だったんですが
トラブル続いてたウチのPCがついに*ピーッと再・起・不・能な状態に陥った為,今年いっぱいは「DUOBLOG」に残留する事に(笑)〜
とはいっても記事更新の方は--ぁ--ぅ---my paceでボチボチやります(笑)

Rioさんが
今月いっぱい(明日まで?)で閉鎖されるという気持ちは揺るぎないと思いますが
全てが終わってからで良いです〜もう一度復活とか考えてみては下さいませんか?(余計なお世話かも知れませんが‥)
でもとにかく今はー
自分を信じて後悔のないように‥♪
〜私は28日より
京都から大阪に通勤しています。いや〜大変ですねぇ京都から電車通勤てのも‥(いつもは30分のチャリ通勤)
☆9/3(日)に結納すませてから大阪に帰ります♪
〜ホンマに私,結婚するんやなて‥しみじみ〜(てか遅!
☆おきばりやすな♪(ガンバッテクダサイ‥京ことばかな?)
*Rioさんも
☆ご健闘をお祈りしてます☆
〜ひとまずお別れの長文で〆〜

Posted by め〜さん at 2006年08月30日 20:58
≫κさん
こういうのって人がどう見てくれてるのか書いてる人間には分からなく、
ただ「楽しい」と思うことを兎に角やってるだけなんですが、
やっぱり「面白い」て言ってもらえると凄く嬉しいです。

内容のショボさ私の至らなさのせいでどうにもなら無いんですが、
「見やすい」ということだけとりあえず心がけてきました。
Posted by Rio121@管理人 at 2006年09月02日 03:21
≫め〜さん
レス遅れて申し訳ないです(汗
め〜さんも生活が急変しちゃうんですね?
なにかと大変だとは思いますが、
「この世界がくれる全ての事をたのしみなさい」という
グランマ精神(?)で楽しみながら頑張ってください!(え

この言葉と出会ってから私自信結構モノの考え方が変わったので(^^;

え〜そうですね〜、例えば「エアギア」見たいなアニメも
楽しめるようになったとか(それかッ

ブログの方は自分自身もっとすらすら記事が書ける人間なら良かったんですが、極度の遅筆なモノで、
特に働きながら学校行ってたらあはりブログ運営はかなりの負担になってしまうので、
夏の終わりという丁度キリのいいところで身を引く決意をしました。

また機会があれば復活はしようと思います。
一日先のコトも不透明な現状ですが、
そうなる様にちょっくら頑張ってきますガナw
 
では!
 
Posted by Rio121@管理人 at 2006年09月02日 03:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22982020

この記事へのトラックバック
因果の交差路はコチラ


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。